技術革新が光る!今売れている車種ガイド

新車の車種選びは楽しいものである。車種、グレード、などさまざまな要因から自分の好みの車を探す楽しみがある

NAVIGATION
技術革新が光る!今売れている車種ガイド

新車の車種選びは楽しいもの

新車の車種選びは楽しいものである。現在たくさんのメーカーからさまざまなタイプの車種販売されている。例えばコンパクトカーの分野でも各自動車メーカーからもほぼ2〜3車種は発売されている現状であり、そのなかで自分の好みの車を探しだすのはなかなか至難の技出はないかと思われる。また、販売店に行ってからもその店舗の営業マンが気に入ってもらおうと必死で促進してくる為になかなか自分のペースでは選べずにストレスさえ感じてしまいがちである。

当然新車を購入したらこれから数年はその車種がパートナーとなるために購入する側は必死である。高い買い物でもあるし、買い直しは利かない物である為に慎重に検討する必要かある。中にはいろんな車種を片っ端から見て回りまたその店舗で営業マンからのゴリ押しにあい、それがストレスになり購入を見送るケースもありがちである。確かに店舗の営業マンは来店されてお客様に手厚く接客をする。一家に一台から二台という時期は等の昔に終わり成長市場ではなくすでに熟成市場または少子高齢化により衰退市場の自動車業界だけに自分のお客様を増やそうとスタッフも必死である。

だからこそ自分の好みの車を探しだし魅力的な価格で購入したいお客と必死でお客様を増やしたい、また販売実績の欲しい営業マンの交渉のプロセスを楽しまなくてはいけないと思う。マイナスの考え同士の話では建設的な前向きな案は出ない。『買いたい』と『売りたい』の気持ちのベクトルが同じであれば買う側はより良い条件で自分の好みに合った車を購入することが出来るであろう。そのためには下手な駆け引きは無用で『今は無理』『あと○○万引いて』など直接営業マンに響くような本音の話を持ちかけると営業マンもその気になったりこのあとおつきあいしたいお客様だと感じよい条件も出るであろう。