技術革新が光る!今売れている車種ガイド

新車に見る車種階層に異変が起きつつあります。ヒエラルキー構造にとらわれない新しい秩序が構築されていくようです。

NAVIGATION
技術革新が光る!今売れている車種ガイド

新車に見る日本人の趣向に基づく車種階層

これまで日本車メーカーが国内ラインナップを構築する際に、日本人の趣向に基づく車種階層を形成していたことは事実でしょう。外国の自動車メーカーのラインナップをみると、その趣きが違うのです。日本ではクルマにもヒエラルキーを求める傾向が強いのではないでしょうか。どうしても集合意識がどこかで働いており、自分はコミュニティーの中のどの辺のポジションなのか暗黙のうちに自分で選定しているように思えます。日本車メーカーの国内ラインナップがどれも似たような構成になっていった理由は、そういった国民感情があるからなのではないでしょうか。しかし新車に見る車種階層にある異変が起きつつあります。従来一番保守的な高級セダンにどうしても対象となる世代には似つかわしくない大胆なデザインが施されるようになってきたからです。

これまで内向きにばかり見ていた日本車メーカーが海外向きに変わっていったのはアメリカ市場で大きな成功を収めたころからでしょう。一番のボリュームゾーンであるFFセダンで日本メーカーがリードを取るようになっていった時期です。アメリカ市場の要求を多分に入れるようになってクルマの大きさが変わっていきました。小型車でも3ナンバーサイズが珍しくなくなりました。これまではサイズの変化で済んでいたのですが、これからはヒエラルキー構造にとらわれない新しい秩序が構築されていくように思えます。日本人のクルマ観も大きく変わっていきそうです。

注目の情報